So-net無料ブログ作成
検索選択

水道の凍結防止 [ミニ知識]

こんにちは。

先日の大寒波により、普段雪が降らない地方の方々の水道の凍結から水道管の破裂により
断水となった地域が続出して大変な思いをした方も多かったのではないでしょうか?

東北北海道では大抵の場合、水道管の埋設が深く、地熱があるために簡単には凍結しません。
しかし、建物に引き込む際にはなるべく建物の壁に沿ってではなく、内部を通して配管されることや
やむを得ず、壁よりに配置が必要になった場合は凍結防止で電熱線を水道管に巻いて凍らないように
工夫されている事が多いです。

集合住宅(マンションアパート)では凍結の危険性は少ないのですが、戸建てやほとんど人のいない
時間が多い住宅では今回のような凍結による被害は多かったのではないでしょうか?

また、やむを得ず、長期間留守にする場合などは、不凍水栓(元栓)を締め、屋内の蛇口を開くことで
水道管内に残っている水を排水し、凍結・膨張による水道管の破裂を避けるようにしています。
不凍水栓はハンドル(オレンジ色?)を回すものや、リモコンで電動で開閉できるタイプのものもあります。

今回のように、大寒波が来ると予想される場合、万が一、不凍水栓(元栓)がわからなければ、
風呂場や台所などの蛇口から少しずつでも水を線状に(ポタポタ程度ではダメ)なる程度に
流しておくと、凍結を逃れることができます。
多少の水道代はかかりますが、凍結・破裂した配管を修理することを考えれば、断然安く済みます。

また、その水を洗った浴槽やヤカンなどに溜めておくことで、万が一断水になっても、とりあえず飲料
トイレの洗浄用の水として確保が可能です。

北海道などでは、凍結の危険性がある場合はテレビ番組放送中に
「今晩は急激な冷え込みが予想されますので、水道の凍結には充分ご注意ください」
とスーパーが流れたりします。・・・親切ですが、それだけ凍結の危険性も高いと言えます。

いずれにせよ、ライフラインの確保は生命にも関わって来ますので、再び寒波が来ないことを祈りますが、
備えあれば・・・ですので、覚えておいても損はしないでしょう。




スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。