So-net無料ブログ作成
検索選択

弘前公園 さくらの秘密 [観光]

こんにちは。 そしてようこそ!
私のブログへお越しいただきありがとうございます。
感謝とお礼を申しあげます。

早いもので、函館にも新幹線が走り、あっという間に雪が消えたと思ったら、3月も終わりですね。

桜前線が関東まで来ていますが、函館まで来るにはあと1ヶ月ほどかかるでしょうね。

ゴールデンウィークで有名な桜の名所と言えば、函館なら五稜郭公園、函館公園(函館山の麓)などが
挙げられます。東北では弘前公園が一番に挙げられるでしょう。
ゴールデンウィークはぜひ新幹線でどうぞ。(笑)

さて、弘前の桜はあまりにも有名ですが、その花の付き方をよくするためには冬の間の枝の剪定作業があります。そのおかげで、満開の時は桜の木の下から空が見えなくなるほどびっしり花が咲きます。

実は、この剪定作業はリンゴの剪定にも共通するもので、枝に余計な負担がかからず、まんべんなく花が咲くように1月~2月頃の雪深い中で行われています。通常よりも桜の木の寿命が長くなるんだそうです。

弘前の桜が終わると、続けてリンゴの花が満開二なり、その下にはタンポポが、背景には残雪の岩木山という構図が地元の学校の卒業アルバムなどに挿入される事が多いです。

どうしてもゴールデンウィークが休めない、都合が悪いと言う方は、ぜひリンゴの花も見てください。
一見の価値ありです。

場所は弘前市郊外になりますが、大体岩木山の方向に向かっていくとリンゴの畑にお目にかかるはずです。
また、リンゴ公園という、いろんな種類のリンゴを展示・紹介、リンゴ加工食品など販売する施設もあります。

弘前公園の西堀の夜桜
弘前公園西堀の桜.jpg


リンゴ畑の花
リンゴの花.jpg





スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。