So-net無料ブログ作成

悪寒(寒気)・戦慄(ふるえ)がひどい時は・・・ [健康]

こんにちは。 そしてようこそ!
私のブログへお越しいただきありがとうございます。
感謝とお礼を申しあげます。


インフルエンザの流行がようやく収まってきましたね。

しかし、まだ油断はできません。
高熱が出る前触れとして、急に寒気や震えが収まらない事があります。
顔色も悪く、どうにも気分が悪いものです。意外に知られていないのは、高熱が出た時の対策が
よく解っていない方が多いということです。

ふるえ.png
体温を測ると、37~38℃。それでも寒気が収まらず、ゾクゾクしたりする時は、体を冷やしたり、解熱剤
を使うのはちょっと待ってください。

もし、咳込みや痰が出たり喘鳴(ゼイゼイする)する場合は、肺炎の可能性もあるので体を暖め、
できるだけ早く医者に診てもらいましょう。夜間でもかかることができるなら早いほうが良いです。
自分も経験者ですが、肺炎の時ほど40度以上の熱があっても平気で歩き回ったりできるのです。
これは、抗生剤を使うなどしないと直接生命に影響したりしますので気をつけてください。


もしそうでなくても診てもらった方が良いのですが、夜間であったり、
一人暮らしで外に出たくないのであれば・・・

まずは熱があっても身体を温めましょう。
なぜ寒気がするかといえば、筋肉を働かせて体温を上げることでウィルスや細菌を死滅させるための
防御作用なのです。
それを、すぐに解熱剤を使ったり、頭を冷やしたりするのは、逆効果で患者は余計に辛くなります。


もし体力に余裕があるのであれば、お風呂に入って身体を温めるのもひとつの手段です。
外から熱を加えることで、体温の上昇を助け、体力の消耗を軽減してくれます。

昔から「風邪を引いたらお風呂はダメ」と言われてきたのは実は日本だけで、海外ではそのような
慣わしはありません。
昔はお風呂は家の中ではなく離れにあったり、家にお風呂がないために銭湯など家の外に出る
必要があり、家に帰るまでの間に湯冷めしてしまうために、そのように言われてきましたが、
今は事情が違います。

体力はできるだけ温存しておいた方が良いのです。
もしそれだけの余裕が無いくらい疲弊してしまっているのであれば別ですが、状況が許すのであれば、
少し熱めのお風呂に入った方が身体が楽になります。そして、暖まったところで布団に入りましょう。
頭などはきちんと乾かし、濡れたままにはしないでください。

もし、疲弊してしまって布団の中で ゾクゾク しているのでしたら、手っ取り早いのは電気毛布や湯たんぽ。
「そんなもの持ってない!」という方は・・・
1.5Lや2Lのペットボトルにお湯(給湯器であれば、一番高い温度で)を入れ、それを2~3本用意して
できればタオルなどで巻いて足元や両手などの末梢に入れるとかなり効果的です。
発熱.jpg
そこで、一気に体温を上がるだけ上げてしまいます。
人間の体温が42度を超えたら死んでしまう…などというのは、すぐに起こることではありません。
ちょっと話がそれますが、函館の温泉・銭湯などでは46℃のお湯にずっと漬かっている
お年寄りを見ますが、平気な顔をして入っています。タンパク質が固まってしまうのでは?と
心配してしまうのは自分だけでしょうか?

その上がった体温を何時間も継続すれば、脳やいろんな臓器に影響したりしますが、
大抵、その辺まで体温が上がると、ふるえも収まり心地よく感じるでしょう。
そこで温めるのをやめるのではなく、もうしばらく続けてください。

次第に暑く感じてきて汗ばんできますので、その時に温めるのをやめて、今度は冷やしにかかります。
せっかく上がった体温を一気に下げてしまっては、再びふるえがきたりする事があるので、気持ちが
良いのであれば、まず頭を冷やします。

暑いと感じるのであれば布団を薄くして気持ちが良い程度に保つだけでも熱は下がっていくでしょう。
もし、解熱剤を使うのであれば、この時が一番効果的かと思います。
(ひどい頭痛や関節などの痛みがなければ、解熱剤は別に使わなくても大丈夫です)

あまり早く体温を下げてしまうと、ウィウスや細菌が再び活性化して繰り返す場合があります。
これは、早い時期に解熱剤を使用したりするとそうなりやすいので、できれば自然に解熱するのを
待つ方が治りが早かったりします。

また、解熱する際は結構汗をかきますので、脱水にならないようになるべく水分を摂ることと、
着衣は適度に着替えることを忘れないでください。

あくまで、一般的な寒気ふるえ対策として書かせていただいています。
何日も症状が治まらない、症状が悪化するようであれば、できるだけ早めに受診する事を
おすすめします。


まずは予防が大事です。
風邪やインフルエンザなど、感染症が流行りだしたら、まずなるべく人の多いところに行くことは
控えましょう。電車・バスなどやむをえない時はマスクは必ず着けて出かける。
パチンコなどはもっての外ですね。
外から帰ったら、忘れずうがい、手洗いを。

万が一かかってしまった時でも咳やくしゃみなどで周囲に飛散させないためにマスクはしてください。

ちなみに、いちおうですが筆者は医療職です。www







スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0