So-net無料ブログ作成

サーバー移転のお知らせ・・・ [日記]

こんにちは!「りょう!」です。

日頃より、blogをご覧いただき、ありがとうございます。

大変恐縮ですが、諸事情によりまして、サーバーを移転することになりました。

もちろん、移転ですので、これまで通りblogは書き続けますのでご了承ください。

新しいサーバーになり、タイトルは、

新・北斗「りょう!」の日記

という名称に変わります。こちらもぜひご覧いただければ幸いです。

http://blog.livedoor.jp/silinge-ryoh/

お待ちしております。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

ドカ雪?? [日記]

ブログ自体、始めたばかりで使い慣れないのですが、
徐々に覚えていきたいと思っています。

さて、全国的に降り積もった大雪ですが、まさか、
沖縄や台湾まで雪が降るとは思ってもみませんでした。

taiwann-yuki.jpeg

私の住んでいる道南の北斗市などは冬でもあまり大雪が降ることが少なく、むしろ寒い所ですね。
・・・が、しかし夕べは違いました。目の前に国道が通っているにもかかわらず、あまりにも静か。
そうです、雪がどっさり降ると音が吸収されて静かになるのです。

sasara.jpg

気になって外に止めてある車をみたところ、完全に雪だるま状態。
朝、5時過ぎに一度雪を下ろしに行き、このときは30センチくらい。
7時に家を出る頃には再び雪下ろしが必要なくらい積もっていました。
元々雪の多い地方ではないため、自治体のもっている除雪予算は意外に少なく、
多少の雪では除雪してくれません。

何年か前ですが、朝方氷点下18度になったことがあります。
まさに鼻の穴がくっついてしまう感じですね。

まだまだ長い冬ですが、乗り切りたいと思います。





スポンサードリンク



初めまして! [日記]

「北斗市」という、海と田園に囲まれた街に住んでいます。
「北斗市」って?どこ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

平成の大合併で北海道にできた市で、元々は上磯郡上磯町と亀田郡大野町が
合併してできた人口約48,000人の市です。
名前はお互いの名前を使う使わないで揉めることを避けるために
どちらの名前も使わず、新しい市の名称は公募で決まりました。

有名なものでは、バター、クッキーやバター飴等を作っている国内では2つしかないと
言われる男性の修道院でトラピスト修道院。
事前に予約すれば、男性に限り入館可能だそうです。
トラピスト修道院.JPG
函館市にあるのは女性修道院のトラピスチヌ修道院。
観光では時間の都合で函館市内のトラピスチヌ修道院に行く事の方が多いと思います。

現在、ご当地キャラの「ずーしーほっきー」というキモいキャラが関東でも
知っている方がいてちょっと驚きました。(^_^;
ずーしーほっきー.jpg

あとは、国内最大級のコンクリートの製造工場「太平洋セメント」の工場があり、
日中であれば函館山からで海に延びたコンベアが目印となり、すぐにその存在を知る事ができます。
太平洋セメント上磯工場 函館山から.jpg

そう、2016年3月に北海道新幹線が開通し、その終着駅になるのが
「新函館北斗」駅。この駅名はずいぶんと物議を醸したのですが・・・
H5系1.jpg
全国にある新幹線の駅で「新〇〇」というのはたいがいその〇〇市
に存在するか、またがっていれば両方の自治体名が採用されるのですが、
この「新函館北斗」駅は、函館市には存在しません。

しかし、北斗駅ではネームバリューもなく、どこにあるのか知名度すら低いため、
この名前になったようです。函館市の人にしてみれば「新函館」で良いのでは?
という意見もありましたが、所在値の北斗市は「そうはさせまい!」と北斗市の
名前を入れた経緯があります。どうやら、今回ばかりは譲れなかったようですね。(笑)

どちらかというと、函館市よりも大沼公園の方が断然近い場所に新駅があります。
駅の周辺は驚くほどのくほどの田園地帯です。写真は駅の裏側です。
在来線のホーム側が見えます。
新函館北斗駅裏.JPG
実は、この駅、北海道の駅としては非常に歴史のある駅です。
北海道で最初の鉄道は明治13年の幌内鉄道、手宮(小樽) - 札幌の開通でした。

その後、函館本線の整備計画の先駆けとして明治35年12月10日私鉄北海道鉄道の
「函館~本郷」間、同時に道東の「然別-忍路(おしょろ)」間の開通が開通しました。
その時の当面の終点駅がこの「本郷」でした。
渡島大野(旧本郷)駅.jpg
その半年後には「本郷~森」間が開通してあっという間に途中駅となってしまいました。
その後、昭和17年には今の新幹線開業まで使われていた「渡島大野」駅でした。
そして今回の「新函館北斗」駅。
渡島大野(新函館北斗)駅.jpg
つまり、過去に渡り2回、名称変更された駅という事になります。

山梨県には 「北杜市(こちらの方がはるかに歴史が長いです)」という日本で一番日照時間が
長いといわれ、ソーラーパネルがずらりと並んでいるという市があります。お間違えのないように。

こちらの「北斗」といえば、列車の名前にもありましたが、
それ以外では、やっぱり「北斗の拳」ですね!
北海道新幹線の「新函館北斗」駅の構内にはなんと、この「北斗の拳」の銅像が
立っているという事です。
北斗の拳銅像と原作者・漫画家.JPG
原作者の武論尊さん、漫画家の原哲夫さんも快諾していただいたそうです。
これからいろんな場面でこのキャラクターが活躍してくれるかも??「あたたた~♪」

とりあえず、これから度々近況を交えながら更新していきますので、応援お願いします。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行